中国語のお礼フレーズ

中国と言えば、やっぱりシエシエ

中国語で御礼を伝える言葉として有名なのは、やはり、“シエシエ”です。
中国語をあまり知らないという方でも、映画などでこの言葉が出てきたら、御礼を言っていると一発で分かるほど、有名なフレーズといえると思います。

このシエシエを基準に、“シエシエニィア(ありがとうね)”、“タイシエシエニィラ(本当にありがとう)”、“ドゥオシエドゥオシエ(どうも、どうも)”と言うように、使い分けが可能です。
相手との関係性、御礼を言うタイミングなどによって使い分けると、相手にしっかりと感謝の気持を伝えることが出来るでしょう。

あまり軽いノリで目上の人に使うと当然怒られますので、使う際には注意が必要です。

使うシーンと使う相手に合わせて選ぶ、中国語の感謝の言葉

中国語のありがとうの言葉は非常に色々と種類がありますので、その都度、相手との関係性、御礼を言う度合いに合わせて、使う言葉を選ぶことが大切です。
例えば、目上の方に使う場合などの場合は、“ドゥオシエニンダハオイ(ご親切どうもありがとうございます)”“ガンシエブジン(感謝に堪えない)”等が日常的です。

また、“フェイチャンガンシエ(本当にありがとう)”も、ここぞという感謝を伝えたいときに活用できるフレーズになります。
多用すると重くなりすぎるので、本当にここぞという時にこそ、是非とも活用することをおすすめします。

更に、ありがとうという直接的な言い回しでは無く、間接的な感謝を伝える方法として、“ガンジィワンフェン(胸がいっぱい)”、“ガンジィティリン(涙が出るほど感謝する)”等もおすすめです。
こちらは目上の方に使うと喜ばれやすく、しっかりと中国語を勉強しているのだろうなぁと捉えられやすい言葉として知られています。

あまり御礼を言う傾向が無い国だからこそ御礼を言うべき

中国では元々、相手に対して、あまり御礼を言う文化が根付いていません。
ですが、だからこそきちんと御礼を言われると、はにかみながら喜ぶ人が少なく無いでしょう。

何かをしてもらったときは当然と思わずに、その都度御礼をしっかりと伝えて、感謝の気持を表すことが大切です。
郷に入っては郷に従えという精神で、自分まで感謝の気持を伝えないというのは間違っていますので、何かあったら、積極的に御礼を言うようにしましょう。

また、御礼の言葉選びによっては、相手を怒らせてしまう可能性があります。
せっかく感謝の気持を伝えるつもりが、相手に反旗を翻すような結末になってしまわないように、細心の注意を払うことが大切です。

日本語訳をよく見て、その時その時に合わせたピッタリの御礼言葉を選ぶように心がけましょう。

ドイツ語のお礼フレーズ

ドイツ語で感謝を表せる言葉

ドイツ語で感謝を伝えたい場合。
最もポピュラーな言葉としては、“ダンケ”が挙げられます。

“ダンケ”は日本語で“ありがとう”を指す言葉で、これに加えて、“ダンケシェーン”だと、“どうもありがとう”、“フィーレンダンク”だと、“どうもありがとうございます”になります。
このダンケを活用してありがとうの言葉が成り立つことが多く、“ダンケフュエダイネヒルフェ”だと、“助けてくれてありがとう”というように、違った意味合いの言葉を作る事ができるでしょう。

基本のお礼はダンケ、更に深いお礼を伝えたいときや、シーンに合わせたお礼を使いたいときは、ダンケの派生形を使うことが多いと考えて置いて下さい。

より一層丁寧に感謝を伝えたいときは…

ダンケ、以外にも、感謝の気持を伝える言葉は色々とあります。
シーンによっては使えない物もありますが、例えば、このような言葉も、ドイツ語では御礼の言葉として捉えられているでしょう。

まず、“イヒフェアゲッセニーマルズヴァスドゥフュエゲタンハスト”です。
こちらは、“あなたの親切を忘れません”という意味の日本語で、より丁寧に、深く感謝を伝えるシーンに、もってこいの言い回しだといえるでしょう。

次に、“ベダンクディヒアオホバイデンアンダレン”です。
こちらは、“他の皆にもありがとうと伝えておいて下さい”というように、その人だけではなく、その場に居ない知り合いにも、人伝手ですが、御礼を伝える事ができる点が特徴です。

更に、こちらは少し番外編ですが、“イヒシュルデディアヴァス”というものも、御礼を伝える言葉になります。
こちらは日本語で、“借りが出来たね”と言う意味ですので、友人など、比較的フランクな間柄の人に使うことで、感謝の気持を伝えられるでしょう。

ドイツ語は思い切って読んだら意外にも伝わる

ドイツ語をやったことが無いという方は、読み方のイントネーションが分からず、本当にこの言葉で良いのか不安になるという方も少なくありません。

ですが安心して下さい。
ドイツ語は英語に比べると、そこまで発音の違いで意味が伝わらないというような事が無く、思い切って力強く読むようにすれば、そこまで語弊が出ることはありません。

フランクなお礼でも、とにかく丁寧なお礼でも、しっかりと思いっきり良く伝える事で、相手に気持ちを伝えることが出来るでしょう。
特に重要なのは、力強さ。
ドイツ語は元々、力強い語感が特徴の1つですので、いつもの日本語のように、丁寧に読もうとすると、相手にきちんと伝わらなくなる恐れがあります。

丁寧に読むのは大切ですが、腹の底から相手に伝わるように、しっかりと伝える事を忘れないようにして下さい。

幸せになる魔法の言葉、感謝の意

お礼は感謝のエネルギー枯渇することはないもの

日々生活をしている中で、相手に感謝をする出来事、お礼を伝えたくなる出来事に遭遇することは少なくありません。
そんな時には、内心にとどめるのでは無く、きちんと相手に感謝の気持ちを伝えるという事が大切です。

感謝の気持ちは、言葉にして伝えないと、しっかりと相手に伝わらない可能性があります。
例えば、長年連れ添った夫婦間で、奥様への感謝の言葉の無い旦那様が、熟年離婚を言い渡されるというケースは少なくありません。

あうんの呼吸という日本ならではの美学もあるかもしれませんが、親しき仲にも礼儀あり、きちんと言葉にして伝えるからこそ、相手の気持ちをしっかりと受け取ることが出来るという事も忘れてはいけないでしょう。

感謝をすることは、感謝のエネルギーとして知られ、日常的に利用しても、枯渇する事が無いエネルギーです。
この感謝のエネルギーは、周囲を巻き込んで、自分の状況までもプラスにする働きがあると言うことを、忘れてはいけません。

自分から感謝しに行く積極的なスタイルが大切

感謝をして過すことで、自分自身の状況を改善し、周囲の状況までも巻き込んで、プラスの状態になりやすくなります。
これは家庭環境のみでは無く、仕事環境、友人環境、ありとあらゆる場面にいえることです。

自分を始め、周囲の環境を良くしたいと考えているのであれば、感謝のエネルギーを積極的に使うべきでしょう。
自分から感謝のエネルギーを積極的に使うようにするためには、物事に感謝をするために、何事も考え方を変えるという事が大切です。

マイナスの面から捉えていては、ついつい思考もふさぎがちになり、感謝のエネルギーを使う場面は表れません。
例えば、上司に叱られた際に、なんで自分が怒られるのかと怒る前に、しっかりと自分を見ていてくれたことに、感謝をするようにしてみると良いでしょう。

もちろん状況によっても感謝できないような事態もあるかもしれませんが、このような考え方をする癖を付けることが、感謝のエネルギーを使う為には大切です。
感謝をしようとすることでこのように、根本的に物事の考え方を変えることに繋がり、習慣を変えていくことに繋がった結果、環境が変っていくことを実感できるでしょう。

感謝を伝えることはこのように、今の自分の状況を変える為、よりよい暮らしやすい状況にするために、欠かすことが出来ないスキルと言われています。
感謝を伝える際には、恩着せがましくならないように、心の底から感謝を伝えることが大切です。

本当に感謝をしていない、口先だけの感謝では、習慣を変えることは出来ませんので、考え方から見直すことを忘れないようにしましょう。